横浜喫茶物語 悟空茶荘
カフェ · 07日 1月 2021
横浜中華街にある2001年から続く中国茶の老舗茶館。コロナでメニューを減らしているようだが以前は山ほど中国茶の種類があった。都内近郊で中国茶館が減っていく中で今でも続く貴重なお店。

東京喫茶物語 上野 王城
カフェ · 07日 1月 2021
上野の純喫茶、王城。浅草の有名な喫茶店はどこもデザートセットで1200円以上するというのに、ここはたっぷりのナポリタンにコーヒーがついて1000円というリーズナブルさ。炭火焙煎のコーヒーは香り高くスッキリしており、口の中に心地よい苦味が広がっていく。

横浜喫茶物語 すなづか珈琲店
カフェ · 07日 1月 2021
すなづか珈琲店はたまプラーザ住民に40年に渡って愛されている自家焙煎珈琲店。たまプラーザでトップクラスにおすめのカフェ。小さなころは大人がコーヒーを飲む雰囲気に憧れたものでした。

横浜喫茶物語 Café de la Press
カフェ · 04日 1月 2021
横浜、山下公園近くの日本新聞博物館2階にある、まさに港町横浜を味わえるカフェ、Cafe de la Press。歴史ある建物の細長い窓に沿って席がひとつずつ設けられ、気分はまるでヨーロッパ。

カフェ · 22日 12月 2020
書店まわりの合間に喫茶店へ行くことを楽しみにして、原宿のヴォルール・ドゥ・フルールへ。かつて誰かに連れて行ってもらい、こんな大人っぽい店があるんだ・・カッコいいなあと思ったのを覚えてる。竹下通りの目と鼻の先なのにビックリするほど静かな店内。

カフェ · 22日 12月 2020
池袋の書店まわり中に見つけた喫茶店本に掲載されていた、駅前のビルの9階にあるタカセコーヒーラウンジへ。池袋駅の目の前ですが、喧騒とは別世界。

20日 12月 2020
 「バーの中ではね、 何でもいいからやってみると いつも事件が起こるんだ」 従兄弟のジャークが ボーヴォワールに語った言葉。 この日の言葉をきっかけに 彼女はカフェに通い始める。 カフェにあった小さな事件、 それは「何でもいいから何か」でよくて わたしが出会った小さな事件は テレビの取材という事件。 雑誌にはよく載っているそのカフェも、...
20日 12月 2020
今日は子供が夕飯前に泣き出して 30分以上も泣き止まなくて どうしてこんなに泣くんだろう 悲しいのかな?  もしかして私のせいかなと いろんなことを 勝手に解釈してみたりして そしたら私も どうすればいいのかわからなくなり 何だかツゥっと涙がこぼれた。 もう長いこと  私は泣きたかったのかもしれない。 たくさん たくさん ...

14日 12月 2020
今日こそはゴゴに行こう。 毎日毎日そう思っても、 天気だとか体調だとかで行けなくて あっという間に一週間が過ぎてゆく。 けれども今日は うちのマンションが断水らしく これじゃお昼ご飯の洗い物もできないだろうと この日ばかりはゴゴで外食。 それを楽しみに待っていた。 そうして時間になって 息子をつれて電車に乗って いつもの喫茶店へと足を伸ばすと、...

07日 12月 2020
「どうしてミキはカフェに行くの?」と不思議そうな目で言われたことがある。 世の中にはお茶をほとんど飲まない人もいる、し 全くと言っていい程 カフェに行かない人もいる。  どうして家でも珈琲やお茶が飲めるのに、わざわざカフェに行くんだろう? それはまさに命題で カフェの存在意義に関わってくる。...