パブリック・ライフ活性化の7つのルール


どうしたらさびれた市街地がもっと賑わいをみせるのだろう、かつての賑わいを取り戻したい、もっと若い人たちに来て欲しいのに・・・とまちづくりに悩んでいませんか。努力して頑張ってもうまくいかないのは、成功するまちづくりの基本を飛ばして応用編にトライしているからかもしれません。語学や茶道も基礎が大切。基礎がままならない状態で難しい応用編にトライしたら、うまくいかずに混乱や失意を抱えるのは当然です。語学や茶道の基礎を習える場所はどこにでもありますが、まちづくりの基礎は一体どこで習えばいいのでしょうか?

 

まちづくりに関する本や成功例事例の本は溢れているものの、英検4級や仏検3級レベルのようなまちの活性化の基礎知識を身につけようと思っても、実はまちづくりの基礎をしっかり学べる日本語の本を見つけるのは非常に困難です。世界の誰もが英語を基礎から学べば話せるようになるように、実はまちづくりにも成功の法則や、身につけるべき基礎があります。

にぎわっているエリアには普遍的な法則があるのです。これは私が1960年代ごろから最近までの研究所を読み漁り、かつ世界の多くの都市を訪ね歩き、活きいきしているエリアで実際に当てはまるかどうかチェックしながら導き出したルールです。欧米のみならず、日本でも、人を惹きつけることに成功しているエリアにはほとんどこのルールが当てはまります。こうした世界の知が日本に行き渡らないのは、まちづくりの分野に限らず、非常に多くの分野で当てはまります。その理由の大きなものが語学が壁になって世界の知に到達できないからであり、日本語だけで情報を取ろうとしているからだと私は痛感しています。

 

 ではパブリックライフを活性化し、そのエリアをに賑わいをもたらす7つのルールとは具体的にどのようなものでしょうか?詳しくは現在執筆中の2冊目の本でご紹介しますが、ここではそのダイジェストをお伝えします。


1  エリアの歩行者空間化


あるエリアににぎわいを持たせようとした時、非常に重要な前提条件となるのがエリアの歩行者空間化です。車が少しでも通る可能性のある道では人は安心して斜めに横断したり、店頭にぼんやりみとれることができません。歩行者はまず安心感のある道にやってきます。そのためには、活性化したいエリアの裏道や小道をできるかぎり面的に歩行者空間化することが有効です。歩行者空間化した道には独特の安心感と静けさが生まれ、人々の歩みはゆっくりとしたぶらぶら歩きに変化します。


2 座れる場所が豊富に用意されている


街に賑わいを生み出す存在である歩行者は、とても疲れやすく面倒なことが大嫌い。人の継続歩行距離は半径500mといわれています。それだけ歩いた後に、座って一息つける場所があるかどうかは街の居心地の良さを左右します。行けども行けども座れる場所がない場合、疲れ切った歩行者は二度とそのエリアに行こうとしないでしょう。ベンチの設置にもうまくいくルールがあります。人は座る時には立ち止まる時以上に安心感を気にするため、ベンチの設置場所には気を使う必要があります。近年の欧米の公共空間には、パリのリュクサンブール公園で1920年代から使われてきたフェルモブ社の椅子のように、可動式の椅子が設置されることが増えています。可動式の椅子やテーブルがあれば、人はより自由にその場所をつかえるようになります。


3 ハイライトのまわりにアクティビティを凝縮させる


にぎわいを生み出すコツは、とにかく凝縮させること。特に街の中心的存在であるハイライトのまわりに、まずは店や活動を一極集中させ、凝縮したにぎわい空間を創ります。平等の名のもとに、異なるエリアにエネルギーを分散させるのは失敗のもと。ハイライトは歴史的建造物や、シンボリックな意味をもった場所であり、それだけで人を遠方からひきつける磁石のような存在です。まずはその磁場を使わない手はありません。日本の寺社仏閣でも参道に店が栄えたように、ハイライトのまわりを、歯抜けの状態をつくらずに魅力的なアクティビティでびっしりと埋めること。するとそこを起点にして、人がまわりの地域にも流れていってくれるのです。


4  エッジから人々を眺めていられる


人が一番安心して時を過ごせる場所は、まず建物の角、そして縁(エッジ)だと言われています。人は背後に目がついていないため、2辺または背後に壁があると安心していられるのです。この法則は電車でもレストランでも、世界中で観測されています。では人はエッジにいて何をするのでしょうか?美しい自然を眺めていたい?実は人は自然よりも、人に惹かれる傾向があります。世界中の活気に満ちた空間は、人で溢れた空間です。人は人の集まるところに集まる、というのがにぎわいを生み出すまちづくりの鉄則です。人はエッジから他の人の行動をぼんやりと眺めていたいのです。イタリアの海岸に集まる人で、海で実際に泳ぐ人はごくわずか。彼らは海をぼんやりと眺めつつ、近くの人が何をしているのか、波打ち際でたわむれる人たちを眺めています。人が一番興味をもって惹きつけられてしまうもの、それは人の活動なのです。


5  歓迎感のあるエッジをつくる


人は一瞬にしてその空間の雰囲気を見抜く力を持っています。無機質で面白みのないエッジに囲まれた空間は、人を歓迎していないオーラを放ち、それを感じた人々はそこに来ることを拒みます。一方で、あなたのことを歓迎しているというオーラを放つ空間には、自分が受け入れてもらえた気になって人は嬉しい気持ちになり、そこに滞在したいと感じます。カーネギーは、つねに相手を重要な人物として扱いなさいと説きますが、まちづくりにも全く同じルールが当てはまります。歓迎感はエッジのデザインによって感じとることができるものです。エリアの外観に統一感があり、その空間への気遣いが感じられること。香りがしたり、触れられる商品が路面に出ていること。店員さんが路上の方を向き、歩行者に背を向けていないこと。そして最も歓迎感を感じさせるエッジのデザインといえば、街ゆく人と大差ない人が腰掛けて楽しそうに街路に向かって座っているオープンカフェなのです。


6 朝から夜まで多様な用途の混合


まちづくりの分野ではミクストユーズ、用途の混合の重要生が説かれるようになってきました。なぜそれが重要かと言えば、郊外の住宅地やビジネス街のようにエリア自体が単一用途になってしまうと、ある一定時間だけ非常に混み、あとはガラガラで誰もそこを利用しないという時間帯や曜日による極端な差がでてしまうからです。また、単一用途のエリアは、部外者を寄せつけない力を持っています。そのニーズだけでうまくいっている場合はよくても、そのニーズが減るとどんどん歯抜けの状態が加速し、ひどい場合はエリアが空白地帯となってしまいます。住居か通勤かの二者択一ではなく、オフィスもあれば住宅もあり、商業もあり、ひとところで多様なニーズを足せることが重要な点なのです。フランスやイタリアのオープンカフェは早朝から夜まで営業しています。朝ごはん、エスプレッソから昼食、夕食にワインに至るまで、客のニーズに合わせて様々な使い方ができます。同じ店内にテラス、店内、カウンターという3つの異なる空間があることで、気分や都合に合わせた異なる使い方を可能にしています。


7 飲食店の存在